忍者ブログ
神話の天の岩戸開きを題材に、能楽師(アマテラス)、 武術家(スサノオ)、 ベリーダンサー(ウズメ)がステージ上でぶつかります。古くて最も新しい「天の岩戸」を体験してください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

50年ごとに巡ってくる太陽の活動極大期。それは太陽風が最もひどい時であり、地球の気象に大きな影響を与えるといわれています。次の太陽活動極大期は2011年…強力な太陽風が地球を襲い世界全体が停電に陥るかもしれないなど、その被害は計りしれません。
太陽すなわち膨張するアマテラスの力を抑えるためにスサノオとの和合が必要となります。その和合をテーマとした『天之岩戸』では、650年間、能を守り続けてきた梅若家の梅若基徳師がアマテラスを、日本で初めてベリーダンスを行った海老原美代子師がアメノウズメを、武術家であり日本人力を説く河野智聖がスサノオを演じます。芸能の神である弁財天に、スサノオとアマテラスの「和合」を奉納することにより神々・人間・自然・宇宙の調和を願いたいと思います。                    河野 智聖                         
【日時】2/12(日)13:30~
【場所】天河大弁財天 能舞台 

それに伴い合宿を行います。
■天河合宿「心瞑想と祈りのボディワーク」
・心瞑想
 整体の技法をベースに心の偏りにアプローチしていく技法です。
・祈りのボディワーク
 祈りは概念的なものではなく具体的な力を持ちます。
さまざまなボディワークを通して、祈りの力を実感していきたいと思います。
(料金等、詳細についてはお問い合わせください)
 

PR
YouTubeに昨年大阪にて上演された
『天之岩戸』、「河野・梅若両先生による対談」の動画

さらに先日東京で行われた「リハーサル」の動画をUPしました。


是非、ご覧ください。
コンニチワ、寧寧です。
先日はリハーサル見てきました。

ドアを開けるといきなりエキゾチックな太鼓の音とともにセクシーな姿の女性達が…!

まずはウズメのベリーダンスのシーンでした。
一見して前回の舞台とずいぶん違ってる!と感じました。

今回は踊り手にベリーの人達が三人入ってベリーもパワーアップしている!

 またそれをパーカッションの達人&職人、和田さんが踊り手のひとつ一つの息使いまでを、一つの音楽として表す術を提案する。
すると次にはそのシーンがますます生き生きとしてくるのです。

スゴ~~イ、プロとはこういう仕事をするのか…噂には聞いていましたが、まさに和田マジック!

そこへ前回公演にはなかった喜多さんのバイオリンが入るとますます厚みが増してきます。

そんな中で海老原先生もホントに愉しそうで、音楽がアップテンポになるにつれ肌さえもツヤツヤと艶っぽく輝いてくるのがとってもきれい!

次はアマテラスとスサノオの確執の場面です。
これも前回よりずっと複雑な絡み合いとなっています。
前回の動きでは飽きたらず、演出の丸尾さんを前に梅若先生と智聖先生がこうしたらどうか、と一つ一つ動いてみながら決めてゆくという地道な作業をしてました。
梅若先生のご専門のお能では稽古をせず、打合せだけと聞いていたので、一体どんなリハーサルなのかと興味津々でしたが、梅若・智聖両先生とも次々と案を出していました。
お二人の意欲的な姿を見ていると前回の舞台の経験が「良いものを創る」目的のために遠慮のない関係を作り出していて……

やっぱり舞台っていいわーと元演劇少女、現ドラマワークを勉強中の寧寧は思うのでした。

プロがぶつかり合うと相乗効果というのか、こうも次々と変わってゆくのかと感じ入りました。

中でも独特な間の取り方をする和のお囃子と合わせられる和田さんのようなパーカッショニストはそういない、とのこと。

和田さん、梅若さん、海老原さん、そして河野先生、誰一人かけても実現しない天之岩戸なんですね


プロの技
もっと見たかったけど子どものお迎えが…
\(◎o◎)/

あ~ますます
本番が早く観たい!

寧寧
約650年の歴史の中で磨き上げられ、
つちかわれてきた美しい「能」の動き。

日本人の身体能力を極限まで追求した古武術を学び、
その潜在能力を引き出す力を持つ
武術家

両者がステージで見せる真剣勝負と
日本人のカラダについて語る示唆溢れる対談

そして日本に始めて「ベリーダンス」を持ち込んだパイオニアの、
ベリーダンサー・海老原美代子
コラボする新感覚ステージ。 

主催 天之岩戸上演実行委員会

 「能」と「演武」のコラボする新感覚ステージ
『天之岩戸』

http://amanoiwato.shisyou.com/


日時:平成20年5月2日(金) 18時30分開演
場所:新宿・四谷区民ホール(新宿御苑前駅)
料金:前売4500円 当日4900円(全席指定)

      

【出 演 者】
アマテラス 能役者:観世流シテ方 梅若基徳

スサノオ  武術家:心道主宰 河野智聖

ウズメ ベリーダンサー:海老原美代子


パーカッション 和田 啓
 立岩潤三
ヴァイオリン  喜多直毅    

地謡、囃子方 ほか
構成・演出:丸尾 拓(G-フォレスタ)

【チケットお申し込み】
  メール予約:iwato@shindow.info
  イープラス:http://eplus.jp/
  チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード 384-767)

  HOME  
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[05/22 mori chan]
[05/09 MIri]
[05/09 岩戸開き]
[05/08 寧寧]
[05/08 寧寧]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

temp by 今日も一人暮らし